冷静になること

ようやく売買する時という場合には、何よりも準備を横着してはいけません。

トレードを行う前であるとすれば物事を冷静に調べる事ができる余裕があります。

 

しかしながら、マーケットの内側へ入ってしまうとどう試みても捉え方が主観的になってしまい往々にしてちゃんとした判断が分からなくなる危険があります。

 

そのために自分自身の精神が理性的な時に、間違いない準備する事が大事です。

 

この"j事前準備"のためには、始めに己のシナリオを描くことからスタートする。

 

未来のこの通貨はああだからこの通貨をエントリーするみたいに自分の筋書きを書いていきます。

 

次に大切なのはローソク足チャートをチェックしましょう。

 

今までのマーケットの推移を見つめて今の位置を確かめます。

 

そうしたら、「現在はかなり高い場面だ」もしくは「今となっては大多数の人が取引しているから、今から自分がエントリーしても今はもう間に合わないな」などと分かってきます。

 

言うまでも無くもうエントリーするのが遅すぎるなと思ったら、売買しないで、その場面ではすっぱりと割り切ることが肝心。

 

自分自身の筋書きを押し通して無理に売買すると外国為替相場にやられてむしろマイナスになります。

 

ただ多くの場面で用意周到にあなたなりのストーリー展開を描いておくと売買が遅すぎるというケースにはならないと思います。

 

本格的に外国為替相場が動意する前のはずです。

 

その次にあなた自身が売り買いしようとしている通貨の変化を、確認する事が大切です。

 

ドル高になると推測する筋書きを記したのであれば、ドルの変動に注目しておきます。

 

マーケットの推移を確認し始めた状況では、該当の通貨は目立って上げ下げする兆しを見せず上や下に小幅な変化を繰り返しているだけだろう。

 

ところが、その変化を注目しているとある状況でじりじりと、円安の方向へと相場が動き始めます。

 

そこでドル買いの取引します。

 

基本的に、そこまで注意深く準偏を考えておけばその売り買いで勝利する確率は相当高まるはずだ。