利ざやを狙う

「スプレッド」とはFX投資は外貨を取引して利ざやを狙う商取引です。

価格は四六時中上下しています。

それが為替です。

ラジオのニュースを聞いていると情報が流れる状況があります。

見かけるのが、「本のドルは80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

これは80円50銭から80円52銭の間で売り買いされているという訳ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを表現しています。

 

要するに、売り買いには買いと売りの2つの値が存在するのです。

 

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表示するFX業者もあったりします。

 

平常時には売値のほうが買値よりも安く決定されています。

実際に買うときには高く、売るときには安くなるはずです。

 

この差額をスプレッドといい取引会社の稼ぎの1つになっています。

スプレッドの広さはFX取引会社によって変化します。

スプレッドの幅はみなさんにとってコストになるので低い業者をセレクトするほうが得します。

 

ただし、同じFX取引会社でも場合によってスプレッドの幅は変動します。

 

例として普段はドル円の通貨ペアでたった1銭のスプレッドの広さだったとしても、相場の上げ下げがとても激しい状況では1銭よりも広くなる事があります。

 

そのため、スプレッドの広さが狭いのと同時に、固定している事が肝心です。

現在では動かないスプレッドの差を表示する業者も存在します。

リアルに業者の売り買い画面内で本当のマーケットを確認しなければ判別できないので億劫ですが、大切な事です。

 

貴重な資金を預けてエントリーをするのですから現実の売買の前に、心惹かれたFX取引会社の新規口座開設をどんどんして、表示されているスプレッドを見ておきましょう。

同じ通貨の組合せそのタイミングの為替相場の変動率によって、通貨ペアのスプレッド幅は変わります。

一般的には、銀行間取引市場で流動性の高い通貨ではスプレッド幅が小さくそれ以外の外貨ではスプレッドが広くなる傾向にあります。